転職のススメ

パソナグループの就職氷河期世代への雇用支援について徹底解説【地方創生事業】

ご訪問ありがとうございます。管理人のたけともです。

この記事では、人材派遣大手のパソナグループが就職氷河期世代の方を対象に300人の雇用を行うとしたことに対して、地域おこし協力隊としての経験をもとに感じたことをお伝えします。

パソナグループの発表に関してニュース報道以上に詳しくお伝えしていきますので、興味を持った方や検討される方のお役に立てればと思います。

また、パソナグループの過去の取り組みや、地方創生事業に関する注意点などもお伝えしますので、地方創生事業や地方移住に興味持っている方のご参考になれば幸いです。

パソナグループの「就職氷河期世代の新規雇用」発表について

2019年12月に株式会社パソナグループが、主に就職氷河期世代の方を対象に、地方創生事業を通じた街づくり人財を育成する『Middles Be Ambitious(ミドルズビーアンビシャス/MBA)制度』を、2020年4月より開始すると発表しました。

パソナグループが開始する『Middles Be Ambitious制度』の概要

対象  :地方創生を通じた様々なキャリア構築を望む方 ※年齢不問
雇用形態:正社員(株式会社パソナふるさとインキュベーションでの雇用)
募集人数:
A「淡路島地方創生コース」(200名募集)
B「UIJターン地方創生コース」(100名募集)
募集職種:営業や管理、農業、観光、デザイン部門など幅広く
研修  :「人財育成研修プログラム」(約6ヵ月間)
処遇  :・年収400~600万円 (賞与、諸手当含む)
・その他、福利厚生制度(法定福利厚生、健康診断、メンタルヘルスケア、各種福利厚生)社員寮、家族寮、運転免許取得サポート等

ポイントは、
「正社員」
「6か月の手厚い研修」
「年収400万円以上」
というところですね。結構好条件に見えますね。

特に就職氷河期世代の方を主対象にするので、フリーター、派遣社員、契約社員といった非正規雇用で働いていた方が多いと思われるので、「正社員」という雇用形態が何よりも大きいですね。

募集の職種もかなり多岐にわたるので、これまでの経験の延長でもいいですし、全く未経験の分野にチャレンジすることも可能ですね。

さらに6か月にわたるビジネスマナーなどの手厚い研修がつくので、これまでちゃんとした研修を受けたことのない人には貴重な場となりそうですね。

1点注意すべきなのは、賞与、時間外手当などを含んで400万円以上なので、月の労働時間がどれくらいか気になるところですね。ほとんど残業が発生しない労働環境なら結構ホワイトですけどね。説明会で聞きたいところです。

※説明会情報ですが、実働8時間のシフト制で週休2日制。住居は寮が用意され、2人一組のルームシェア。3LDKの間取りで、寮費は31000円程度だそうです。地方に住むなら十分生活コストが抑えれますね!

パソナグループが推進する地方創生事業に従事することになるので、住む地域は淡路島、京丹後、東北などになります。ド田舎とは言わないですけど地方暮らしになります。

また、今回のパソナグループの発表は政府の動きに連動したものです。

政府は2019年6月に、30代半ば~40代の「就職氷河期世代」を対象にした「就職氷河期世代支援プログラム」をの取りまとめ、今後3年で30万人の雇用を創出することを目標に掲げています。

そして12月11日に、政府が「就職氷河期世代」の就労支援策として、地域ごとの先進的な取り組みを助成する新型交付金を創設することが分かりました。

19年度補正予算を含め3年間で計100億円を確保。まず19年度補正予算案には30億円を盛り込み、残りは20年度以降の予算で手当てするそうです。

各地方自治体が独自の取り組みに関して都道府県へ申請し、認められれば交付を受けられるという仕組みです。

3年間、100億円、30万人の雇用確保!!

パソナグループは2000年代から地方自治体とタッグを組み地方創生事業、人財育成事業に取り組んでいましたので、今回の就職氷河期世代雇用もその一環と言えますね。

『Middles Be Ambitious制度』の説明会も開催されるようなので、パソナ発表内容から引用しておきますね。

Middles Be Ambitious(MBA)制度「募集説明会」 概要

【東京会場】

日時2020年1月21日(火)13:00-15:00 ※受付12:30-
場所JOB HUB SQUARE/東京都千代田区大手町2-6-2(パソナグループ本社)
URLhttps://hrmos.co/pages/pasonacareer/jobs/0000250(東京会場)
備考「募集要項」及び「募集説明会」の詳細は、URLにて随時更新・公開してまいります
お問合せ株式会社パソナグループ グループ採用室
電話番号03-6734-0210  メールcareersaiyo@pasonagroup.co.jp

【大阪会場】

日時2020年1月30日(木)13:00-15:00 ※受付12:30-
場所JOB HUB SQUARE大阪/大阪市北区梅田1-10-1 梅田DTタワー 地下1階)
URL
備考「募集要項」及び「募集説明会」の詳細は、URLにて随時更新・公開してまいります
お問合せ株式会社パソナグループ グループ採用室
電話番号 03-6734-0210 メールcareersaiyo@pasonagroup.co.jp

年末年始によく考えてみるのがいいですね。

30日の大阪の説明会には110人が集まりました。(20201月30日追記)

パソナグループがこれまで取り組んできた地方創生事業

パソナグループは2000年代から各地の地方自治体とタッグを組んで地域活性化事業に取り組み、本業の人材派遣ノウハウを生かして、首都圏から地方への人口移動を支援しています。

兵庫県淡路島

カフェやレストランの運営を通して新たな食文化の提案や、遊休資産を活用した観光施設の運営、さらに世界各国から様々な人材が集まる仕組みづくり等にも挑戦し、地域活性に取り組んでいます。
・のじまスコーラ
・miele(ミエレ)
・クラフトサーカス
・アートサーカス
・HELLO KITTY SMILE
・GRAND CHARIOT 北斗七星135°

今回の就職氷河期世代の雇用支援では、のじまスコーラに拠点を構える『
株式会社パソナふるさとインキュベーション』に雇用される形になります。

そのため最初の半年間もこちらで研修を行う予定です。素敵な立地環境ですね。

京都府京丹後

京都府より事業を受託し、地元企業6社と共同で「丹後王国」を設立。地域活性のプロフェッショナルとして地域産業の活性化、観光事業の促進、「食」に関わる地域人材育成を通して、雇用創出に取り組んでいます。
・丹後王国「食のみやこ」
・丹後七姫劇団

東北

被災地に密着した就労支援をはじめ、全国の地方自治体と連携した人材育成、研修事業を実施し、東北発展のための取り組みを行っています。

岡山県久米南

人口減少や高齢化が課題となる岡山県久米南町の「道の駅 くめなん」を運営しています。
・道の駅くめなん

その他にも、「地方創生・地域活性支援事業」、「地方創生塾」、「農業支援」といった様々な切り口から地域活性化のための支援事業を行っています

各地で長年取り組んでいることが分かりますね。今回就職氷河期世代の方を対象にした300名の雇用では、200名を兵庫県淡路島、100名をその他の地域で働いてもらうことになります。

ここで紹介したような地域や施設で働くことになるかと思いますので、要チェックですね。

国の交付金事業と地方自治体とパソナグループの関係性

パソナグループの会長をご存じでしょうか?小泉政権時代に総務大臣として、また郵政民営化へ向けて活躍した竹中平蔵氏です。

学者、政治家、経営者、と非常に多くの顔を持つ竹中氏がパソナグループの会長であるということは重要な点です。

パソナグループが推進する地方創生事業は素晴らしいものですが、完全自主財源のビジネスというよりは補助金がベースにあることは明らかです。

ビジネスなのでボランティアではありません。赤字で続けることは不可能です。そのため自治体とタッグを組んで金銭的なリスクを低く抑え地方創生事業に取り組むことができています。

地方自治体が地域活性化の取り組みを行ってもうまくいきません。ビジネスセンスがないので失敗するのは当然です。

どこも同じような特産品を作り、ゆるキャラを使いPRするという金太郎あめのように同じことをしてしまいます。

そこへ民間のノウハウを持ったパソナグループが入っていきタッグを組むことには意義があります。

竹中氏の強力なバックアップの元、パソナグループはうまくこの流れを作り出し地方創生事業である程度の地位を築くことができたといえるでしょう。

利益を出すというよりは、社会貢献性をアピールしていますね。人材派遣業というと何かとブラックなイメージが付きまといますが、このような事業でイメージアップを図っているとも言えます。

懸念点としては、交付金、補助金の縮小、竹中氏の引退後も同じように事業を継続できるかは分からないという点です

そもそも人口減少で過疎化している地域で事業を行っているので、収益面では当然苦労します。それを支えているのが交付金、補助金なのでそれがなくなると事業としては一気に苦しくなることが予想できます。

この時にパソナグループが本気で自腹で取り組むか、撤退するかで地方創生事業への熱意が分かりますね。

地方創生事業に携わる上で重視すべきポイント

地方創生=「地域活性化の取り組み」なので、地域に暮らし、地域の人々と協働して、地域を盛り上げていくということです。

これまで都会で暮らしていた人にとってはガラッと環境が変わる可能性はあります。この環境変化に適応できないと結構厳しいですね。

特に対人コミュニケーションが苦手な人だと、ちょっと厳しいと思われます。在宅ワークとか、家に引きこもってできる仕事はほとんどなく、人と関わる仕事がメインですからね。

この辺は自分の性格とかよく考えてみるのが良いです。

また地方創生は交付金、補助金ありきで行われていることがほとんどです。今回パソナグループが就職氷河期世代の300人雇用を発表したのも、政府が就職氷河期世代の雇用対策に計100億円確保し、新型交付金を作ることが背景にあります。

地方ビジネスは金になりにくいので民間が独自に取り組むのはかなりハイリスクです。そのため国の交付金、補助金があったり、地方自治体との連携が重要です。

これは決して悪いことではなく優れた枠組みですが、持続性には疑問が残ります。つまり急に交付金がなくなり、事業規模を縮小することも起こりうるということです。

地方創生関連の仕事、地域活性化に関する仕事に従事する場合は、正社員と言えども安定した雇用はなく常に変化に備えて準備をすることが大切です。

特殊な専門性やスキルを身につけて、どこでも食べていけることを目指すのが一番です。常日頃からここを意識していないと、いきなり事業縮小して首を切られるか、全く違う仕事をやらされる際に非常に困ります。

国が大旗を振って地方創生のために推進している「地域おこし協力隊」制度でも同じことが言えます。

こちらは最大3年間の雇用契約なので、4年目以降は自分自身で何とかするしかありません。

いずれにしろ、地方の事業に従事する場合は、会社組織に頼らず生きていける力を身につけることを意識することが本当に大切です。今回パソナグループの募集に応募する方も、「正社員だ!」と飛びつく前によくご検討ください。

40歳過ぎて、地方で働き、ある日突然職がなくなったら、もう本当にどこにも行き場がなくなります。手に職が就くような職種を選び一から修行する気持ちで選んでいただければよいかと思います。

まとめ:スキル、専門性を高めるために応募するのが良いです!

年収も高めに設定され、雇用人数も多い、地方に住むので固定費などは低めに抑えられると良い条件が並ぶ、今回のパソナグループの求人。

ただこれまでずっと都会で暮らしていた人には淡路島をはじめ地方で暮らすことには向き・不向きが確実にあります。

また正社員と言えども、雇用の安定性には疑問が残ります。雇用されている間に、確実にスキルやノウハウ、専門性を身につけていつでもどこでも生きていけるように準備を進める覚悟で応募するのが良いと思います。

地方移住に興味がある人はこちらの記事もどうぞ!

【地域おこし協力隊への転職】サラリーマンの地方移住の選択肢としてアリです!都会でのサラリーマン生活に一区切りつけて、地方、田舎への移住を考えていませんか?やりがいや成長のために移住するなら「地域おこし協力隊」が入り口としては良いですよ。地域おこし協力隊のリアルとは?...
サラリーマンが人間関係に疲れたら田舎に行って修行するのがおすすめ!会社にいると様々な人間関係で悩み疲れてしまいます。転職して環境を変えるというのも手ですが、また同じことの繰り返しになることも。田舎移住して自分自身を変える方法とは?...

のんびりとした田舎暮らしは幻想ですが、田舎にはチャンスが埋もれていることも多いです。チャレンジ精神をもって地域に入り込むうまくいく可能性が大きいと思います!

転職準備から転職活動の進め方完全解説
【総括版】転職準備から具体的な転職活動の進め方をステップごとに解説中小企業に勤める筆者自身の経験に基づき転職活動前に行っておくべきことから、具体的な転職活動の進め方についてまとめた記事です。ハイキャリアではない平均的会社員に読んでいただきたい記事です。...

こちらの記事では、具体的な転職活動に取り組む前にするべきことから、転職できる状態になっておく必要性、具体的な活動の進め方などをまとめたものです。

少しでも転職に興味がある方は是非お読みください。

たけとも
たけとも
それでは今回はこの辺で終わります。最後までお読みいただきありがとうございました。
ABOUT ME
たけとも
たけとも
はじめまして!たけともです!当ブログへお越しいただきありがとうございます!地方中小企業在籍の30歳独身リーマンの僕が、「転職」「副業」「投資」を通して少しでも収入増を目指す内容を発信しています。同じような立場の人に少しでも役に立つことを心掛け、自分の実践したことをベースに、またどこよりも分かりやすい伝え方を心掛けています。質問等はお気軽に♪
こちらの記事もオススメ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です