副業チャレンジ

【副業の前にこっち!】普通のサラリーマンはお金を守ることが先決!

ご訪問ありがとうございます。管理人のたけともです。

この記事では、サラリーマンがお金を守ることの重要性と方法をお伝えします。

突然ですがこんなお悩みお待ちではないでしょうか?

・将来が不安だから少しでも貯蓄したい。

・でも何をどうすればいいかわからない。

・お金を増やすなんて無理でしょ!

僕は地方の中小企業に勤めるいたって普通のサラリーマンです。昇給額もたかが知れていますし、賞与も年1.5か月程度です。

今の会社がずっとあるかどうかさえ分からないので、ものすごく将来が不安です。だからどうすればお金を増やせるか必死に調べていろいろ実践しています。

投資などにチャレンジしてお金を増やすことも重要ですが、今回はお金を増やすためにはまず「お金の守り」をしっかりすることが重要ということをお伝えしたいと思います。

まだ何も実践できていない方は、この記事を読むことでするべきことの方向性が明快になります。ぜひ一緒に安心した生活が送れることを目指していきましょう!

サラリーマンがお金を守るためには【お金の流れ】を把握する

あなたは自分が毎月どれだけお金をもらって、使って、残っているかということを正確に知っていますか??

下記3点をすぐに言えますか?

1:収入

2:支出

3:貯蓄

まずはこれをはっきりさせるところがスタートです!

最近、サラリーマンの副業が話題になって、ネット上でも「サラリーマン 副業 おすすめ」という記事がたくさん出回っていますよね。

おそらくこの記事を読んでいるあなたもそういう情報を見たことがあるのではないでしょうか?

会社員のお給料は、安定はしているけど増えにくいですもんね。だから少しでも会社以外のところから収入を増やしたいと考えますよね。わかります、だって僕もそうですから!

でも収入アップを目指す前に、無駄な支出を徹底的になくすことはだれでも、今すぐ行うことができますので、まずはこっちをやっていくことが大切です。

そして無駄な支出を減らすためには、今現在の「お金の流れを正確に把握」する必要があります。

支出を【固定費と変動費】に分けて考える

支出には大きく分けて2種類あります。

固定費

変動費

固定費は、毎月必ず一定額が出ていくものですね。

住宅ローン、家賃、自動車ローン、自動車保険、生命保険、定期積立、公共料金などですね。

変動費はそれ以外のものと考えてください。

飲食、衣料、生活雑貨、交際費、趣味とかですね。

毎月の固定費と変動費を見える化するところから始めていきましょう。

サラリーマンでも簡単にできる【お金の見える化】

家計簿をつけていますか?

家計簿をつけることはめんどくさいですが、めんどくさがらずにぜひやってみてくださいね。

ざっくりカテゴリ分けをして、どの分野にいくらくらい使っているかというアバウトな把握の仕方でOKですよ。

おすすめの家計簿のつけ方

・家計簿アプリを使う

・キャッシュレス決済にする

メモ帳とかに手書きで家計簿をとるのが一番オーソドックスですが、僕はめんどくさいのでやっていません。家計簿アプリを使っています。

僕が使っているアプリは、「マネーフォワード ME」というものです。『お金の見える化アプリ』と言われていますね。もちろん無料で使うことができるアプリですよ。

何にいくら使ったかということを手入力で登録していく感じですが、クレジットカードや銀行口座と連動させ、自分のお金の流れを一括で管理、見える化できるところが最大の特徴ですね。

レシートもカメラ撮影するだけで取り込むことが出来ます。

最近では、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険からマネーフォワードと連携した新アプリも登場しました。

その名も「リンククロスの家計簿アプリ」です。どちらのアプリでも好きな方で登録してみてはいかがでしょうか。

もう少し簡単なとこで行くと、支払いをすべてクレジットカードにするというやり方です。こうすることでクレジットカードの利用明細が家計簿代わりになります。

ただ現金で支払ったものはもれますし。統計機能とかもないのでものすごく簡易的に、「何にいくら使ったか」を把握できる程度ですね。

お仕事でもそうですけど、「見える化」を図らないと、問題の所在もわかりません。一見遠回りでめんどくさいですが、家計簿をつけてお金の見える化をしてくださいね。

支出の仕分けで貯蓄を増やす

自分のお金がどこに出て行っているか把握したところでいよいよ仕分け開始ですよ!

仕分けの鉄則がありまして、

支出額が大きいところから優先的に見直す!

というものです。

今お昼ご飯に700円くらい使っているのを、500円にするとかはあまり意味がないですし、苦しくなるので後回しにしましょう。

住宅ローン

自動車ローン

家賃

各保険

電気、ガス、水道の公共料金

スマホ、ネットの通信費

このあたりが毎月固定で支出が大きくなりがちなところです。なのでこのあたりから無駄がないか検討することをお勧めします。

住宅ローン、自動車ローンは購入した金額に金利を載せて分割にしているので、大きく減らすことは難しいですが、「ローン借り換え」、「ローン乗り換え」を検討するのも一つです。

賃貸住宅にお住まいの方は、現在の家賃が自分の収入に比べ適切か検討してみてください。家賃に支出できる金額は、手取り収入の3~4割以内が良いといわれています。

例えば18万円の手取りなら、5.4万円~7.2万円が相場といったところでしょう。

もちろん住む場所、間取り、世帯人数により変わってきますが一つの目安にはなるかと思います。今現在の家賃が相場よりも大きく上回っている場合には住み替えも検討する余地があります。

保険も意外と見落としがちなポイントです。

生命保険

自動車保険

学資保険

生命保険に関しては支払金額と保険内容、特約内容が本当に妥当か検討してみましょう。ご自身の年齢、扶養家族の有無、求める内容は人それぞれなので、これが正しいと明言することはできません。

しかし、加入時に保険会社の営業の言われるがままに契約している人は見直し余地があるかもしれません。

自動車保険はネット系がかなり安くしていますよね。事故発生時の対応力という点でリアルとネットで分かれるところですが、見直しの検討余地はありますね。

学資保険は、一種の貯蓄方法なので銀行定期預金の代わりという感じでの積み立てならありですね。

スマホ、ネット通信費も月々1万円を超えている方は見直し余地大ですね。格安スマホを使う、格安SIMを使うなどして通信料金を節約したいところです。

固定費の見直しを行った後に、食費や交際費を見直すことをお勧めします。最初からこっちに手を出すとあからさまに生活の質が低下してしまうので続きませんからね。

収入を増やすのは後回しです

固定費と変動費の見直しを行い、これ以上はもう削るとこないよー!!という段階まで来たらようやく収入を増やす方法を本気で考えていきましょう。

①無駄をなくし節約を行う→②収入を増やす

この順番ですよ。

本業にしろ、副業にしろ、投資にしろ収入をアップさせることは簡単ではありません。

もちろんチャレンジすることは悪くないのですが、ただ闇雲にチャレンジしても結果は出づらいと思います。そのため順番を追って考えることが大切なんですね。

今回のまとめ

1.現在の家計状況をしっかりと把握する

2.計簿をつけ支出の内訳を見える化する

3.支出の無駄をなくす

ここまでやったうえで、月々+5万円増やしたいからどうしようかな。と考えることが大切です。

サラリーマンが収入を増やす方法は大きく分けて3つです。

・転職する
・副業する
・投資する

それぞれについてまとめた記事もありますので、ぜひ読んでみてください。

会社員が行うべき副業の在り方
【副業の始め方】副業を始める前に考えることから具体的な内容のすべて副業に関して情報収集をしている方に向けて、具体的な副業に関する情報だけではなく、そもそも副業に取り組む目的や重要性などあまり語られていない部分もしっかりとお伝えします。...
転職準備から転職活動の進め方完全解説
【総括版】転職準備から具体的な転職活動の進め方をステップごとに解説中小企業に勤める筆者自身の経験に基づき転職活動前に行っておくべきことから、具体的な転職活動の進め方についてまとめた記事です。ハイキャリアではない平均的会社員に読んでいただきたい記事です。...
会社員が投資に取り組むためのロードマップ
【完全解説】会社員が将来のために投資に取り組むためのロードマップ会社員の方が中長期的に投資、資産運用でお金を増やす手順、手段についてまとめた記事です。投資の重要性、望ましい投資スタイル、誤ったやり方、投資を身近に感じられるサービスなどについて網羅的に解説します。...
たけとも
たけとも
それでは今回はこの辺で終わります。最後までお読みいただきありがとうございました。
ABOUT ME
たけとも
たけとも
はじめまして!たけともです!当ブログへお越しいただきありがとうございます!地方中小企業在籍の30歳独身リーマンの僕が、「転職」「副業」「投資」を通して少しでも収入増を目指す内容を発信しています。同じような立場の人に少しでも役に立つことを心掛け、自分の実践したことをベースに、またどこよりも分かりやすい伝え方を心掛けています。質問等はお気軽に♪
こちらの記事もオススメ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です