転職のススメ

【新潟県の企業規模別平均年収】2019年最新版を基に転職先を検討する

ご訪問ありがとうございます。管理人のたけともです。

この記事では、新潟県で就職先を探している方に向けて、新潟県に本拠地を置く会社の平均年収についてお伝えさせていただきます。

・新潟県内で転職を考えているけど、一般的な平均年収ってどれくらい?

・企業規模別や、上場企業、中小企業別の平均年収が知りたい!

このような情報を探している方に向けて、政府公表データや有価証券報告書データを参照しながら正確性の高い情報をお伝えするようにしますね。

お金がすべてではないですが、会社選びの大きな基準になりますよね?一つの指標として参考になる情報を見つけて頂ければと思います。

新潟県の企業規模別平均年収について

皆さんは新潟県の平均年収についてご存じでしょうか?

厚生労働省が毎年『賃金構造基本統計調査』というものを公表しており、調べることができますよ。

また、日本の各種統計が閲覧できる『e-Stat』という政府統計ポータルサイトでも調べることができますよ。

サイト上で閲覧することも、エクセルデータにしてダウンロードすることもできます。

賃金や給料といった指標を調べる際には、政府発表のデータを閲覧することで実情に沿った数字を知ることができるので、気になる方は上記サイトで調べてみてくださいね。

調べるのが面倒な方向けに、新潟県の企業規模別の賃金状況をまとめました。

※短時間労働者を除く一般労働者の集計結果
※正社員・正職員、それ以外の雇用形態を含む集計結果
※参照:厚生労働省平成30年賃金構造基本統計調査
区 分
企業規模計 10人~99人
年齢勤続
年数
所定内
給与額
年間賞与その他特別給与額年収
指標千円千円万円
男  女  計45.112.7250.2456.4約346
45.813.4273.9495.7約378
43.611.3200.6374.2約278

 

区 分
企業規模計 100人~999人
年齢勤続
年数
所定内
給与額
年間賞与その他特別給与額年収
指標千円千円万円
男  女  計42.913.0264.1728.0約390
42.913.9285.6827.6約425
42.911.8234.3590.0約340

 

区 分
企業規模計 1,000人以上
年齢勤続
年数
所定内
給与額
年間賞与その他特別給与額年収
指標千円千円万円
男  女  計41.813.4298.9913.2約450
42.415.6339.61127.2約520
40.69.7230.6552.8約332

※「所定内給与額」とは、労働契約等であらかじめ定められている支給条件、算定方法により支給された現金給与額(きまって支給する現金給与額)のうち、超過労働給与額(①時間外勤務手当、②深夜勤務手当、③休日出勤手当、④宿日直手当、⑤交替手当として支給される給与をいう。)を差し引いた額で、所得税等を控除する前の額をいう。

所定内給与額:残業とかの手当ては含まれていません!

働き方改革で残業が抑制される傾向にあるので、残業手当なしの給与で検討するほうが良いです。

この記事を読んでいる方はおそらく男性の方が多いかと思いますので、上記の表から男性のみを抽出するとこのようになります。

企業規模計 10人~99人約378万円
企業規模計 100人~999人約425万円
企業規模計 1,000人以上約520万円

約378万円~約520万円という幅が見えてきましたね。企業規模が大きくなるほど年収も高くなるというのはなんとなく分かりますね。

新潟県の男性の平均年収:約378万円~約520万円(企業規模により異なる)

新潟県内で就職先を探す際には、希望先の社員数をもとに上記年収額と比べてみると良いかもしれませんね。

厚生労働省のサイトや、e-Statのサイトに行けば、業界別、年齢別にもっと細かい数字も調べることができますので、気になる方はぜひ直接調べてみてください。

※よく年収ランキングとかの記事がありますが、参照元が明示されていない記事は信ぴょう性に欠けると思います。政府の調査データなど信ぴょう性のあるデータを参考にしたほうが良いですね。

新潟県の上場企業の平均年収について-中央値:5,387,000円-

新潟県の平均年収の全体傾向についてお伝えしました。次は新潟県の上場企業の平均年収についてお伝えしますね。

上場企業は、事業年度ごとに有価証券報告書と呼ばれる、業績などを開示する資料を作成し公開しています。企業の通知表みたいなものですね。

この有価証券報告書には平均年収が記載してあるので簡単に調べることができます

各社のホームページに行って有価証券報告書を調べるのでもいいのですが、正直少しめんどくさいので、金融庁が運営する「EDINET」というサイトで調べるのが便利です。

EDINET:金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム

「書類検索」のタブをクリックして下さい。

「提出者/発行者/ファンド」のところへ調べたい企業名か証券コードを入力してください。(例:一正蒲鉾)

企業名を入れて検索するとこのように提出書類が表示されました。最新の有価証券報告書をクリックして下さい。

左側のメニューバーの中で「従業員の状況」をクリックするとこのような画面が表示されます。「平均年間給与(円)」が見るべき場所です。3,867,000とありますね。

こんな感じで新潟県の上場企業の平均年収を調べてみました。(結構疲れました!どうぞ!)

第四北越フィナンシャルグループ銀行業11,081,000
福田組建設業8,423,164
新潟放送情報・通信業8,246,766
アクシアルリテイリング小売業8,214,000
第一建設工業建設業7,123,912
太陽工機機械6,599,000
北越工業機械6,577,762
植木組建設業6,399,687
田辺工業株式会社建設業6,043,057
佐藤食品工業株式会社食料品6,033,271
有沢製作所化学5,842,000
日本精機輸送用機器5,724,000
遠藤製作所その他製品5,690,408
大光銀行銀行業5,658,000
北陸瓦斯電気・ガス業5,650,182
セコム上信越サービス業5,604,736
北越メタル鉄鋼5,585,000
ダイニチ工業金属製品5,583,133
北越コーポレーションパルプ・紙5,437,000
コロナ金属製品5,387,000
リンコーコーポレーション倉庫・運輸関連業5,338,523
亀田製菓食料品5,325,000
ツインバード工業電気機器5,040,000
株式会社スプリックスサービス業5,023,442
佐渡汽船海運業4,834,000
ハードオフコーポレーション小売業4,690,000
株式会社ブルボン食料品4,601,000
株式会社キタックサービス業4,578,254
岩塚製菓食料品4,430,654
コメリ小売業4,289,808
アークランドサカモト株式会社小売業4,232,275
スノーピークその他製品4,076,000
新潟交通株式会社陸運業4,055,902
一正蒲鉾食料品3,867,000
オーシャンシステム小売業3,683,779
トップカルチャー小売業3,644,000
セイヒョー食料品3,512,054

※単位:円

中央値:5,387,000円
(※上記データの真ん中の数値)

このような感じになりました!「第四北越フィナンシャルグループ」と「アクシアルリテイリング」はホールディングス制で従業員平均年収ではないので参考になりません。

上場企業と言えども、かなり年収格差があることが読み取れますね。

EDINETで有価証券報告書を調べればもっと様々な情報が分かりますので、上場企業への就職を検討されている方は事前チェックをお勧めします。

有価証券報告書の平均年収に関する注意点

有価証券報告書に記載されている平均年収には注意が必要です。

平均年収とは、その会社の社員の年収を平均したものです。

ここで大事なのが「どのような社員を含めているか」という点です。総合職、一般職、現場職など様々な従業員区分がありますよね?

特にメーカーの場合、「総合職」と工場ではたら「現場職」では給与にも大きな格差があることは想像できますよね?

メーカーの有価証券報告書上の平均年収が低めに出るのはこのためです。現場職を含むから低く出る。言い方は悪いですが、現場職が平均年収を押し下げているということです。

そのため大卒総合職として就職を考えている方は、あまりネガティブに考える必要はありません。

有価証券報告書に記載されている平均年収以上はもらうことができる可能性は高いと考えて大丈夫ですね。(入社してすぐではないですよ、もちろん!)

また「役職者」が含まれているかどうかも大事なポイントです。

役職がつけば給料も増えて平均を押し上げます。この役職者が含まれているか否かで平均年収は大きく変わりますので、役職者を含むかどうかもチェックしましょう。

最後に確認するポイントが「基準外賃金」を含むかどうかです

基準外賃金とは、残業代、休日出勤手当、家賃補助、 昼食手当だったりと、基本給とは別の給料です。

これを含むか含まないかで平均年収は全く異なります。しっかりとチェックしてください。

有価証券報告書の平均年収を見る際には、下記3点も確認するようにして下さい!

①総合職以外の割合(特にメーカー系)
②役職者を含むのかどうか
③基準外賃金を含むかどうか

プレジデントオンラインが全上場企業の「平均年収ランキングワースト500社(2019年版)」を作成し発表しているので参考共有しますね。調査対象は3708社です。

新潟県の上場企業で一番年収が低い「セイヒョー」がワースト46位にランクインしています。全上場企業の中でも特に年収が低いということが分かりますね。

画像をクリックで元記事に飛べますので、50位以降も気になる方は見に行ってくださいね。新潟県の上場企業年収が全国的にみてどの程度なのか把握することも重要ですね。

それにしても、上場している企業だといっても低いところは低いですよね。上場していなくても年収も高くて優良企業はたくさんあります。ただ知名度がなくて知らないだけということも多いです。

先入観をなくして情報収集するのが良いと言えますね。

新潟県の中堅・中小企業の平均給与

上場している企業に関しては、金融庁に提出している有価証券報告書で簡単に平均年収を調べることができました。

しかし新潟県では上場していない会社のほうが圧倒的に多いです。そのため上場していない会社に就職を検討する方もとても多いかと思います。

その際に気になる平均年収をどうやって調べるか?政府調査データみたいなものは存在しないため、正確な数値を把握することは正直できません。

転職サイト、転職エージェントに公開されている求人票から判断するしかありません。これら求人票には「月収」や「残業代」に関する表記がありますのでおおよその年収の計算はできます。(入社初年度の最低年収ですね。)

また転職エージェントを通して非公開求人の求人票を直接見せてもらい知ることもできますね。本当に転職を考えている人はこのようなところから正確な情報を得るのが最短ルートになります。

転職口コミサイトなどにも平均年収の記載等がありますが、信ぴょう性にかけまくりです。

匿名投稿が基本ですし、投稿数が少なければ平均でも何でもなく、投稿者の年収(自分で記載)に過ぎないので全く参考になりません!

もちろん数百件の口コミが投稿されているような大企業等であればある程度は傾向を知ることができますが、中小企業の場合おそらく口コミ投稿がほとんどないはずです。

ですからそのような口コミサイトの数字は真に受けないほうがいいですね。

参考までに代表的な口コミサイトをお伝えしますね。繰り返しますが、「参考程度」に見てくださいね!

中小企業への転職を検討していて、具体的な企業の年収が気になる場合は、転職サイトを見たり、転職エージェントに登録して尋ねるというのが最短ルートかつ正確性が高いです。

「転職サイト おすすめ」で出てくる、大手どころに登録しておけば問題ありません。

転職サイトの選び方を徹底比較
【転職サイト】大手サイトと特化型サイトの特徴比較と探し方転職サイトの探し方について、各サイトの特徴を比較して解説しました。順位付けはしていません。特徴を分かりやすく比較して選びやすいように心がけて説明しました。...

この記事で転職サイトの特徴を分かりやすく比較しています。転職サイト選びの参考にしてみてください。

転職エージェントに転職活動を支援してもらうという方法もあります。もちろん完全無料で利用できます。

面談をして、案件紹介してもらい、気に入るものへ応募してもらって、書類選考が通れば、面接日程を調整してもらい、内定が出れば年収等の条件交渉も支援してもらえます。

至れり尽くせりのサービスですね。転職のプロに相談できるので、利用して損はないサービスです。

大手ではこんなところです。

転職エージェント会社の後悔しない選び方
【転職エージェント】後悔しないための選び方のコツを各社比較してお伝えします転職エージェント4社の特徴を比較してお伝えします。絶対に失敗したくない転職活動だからこそ、信頼できる転職エージェント会社を選ぶことが大切です。各社の紹介だけではなく、サービスの使い方に関しても徹底解説します。...

こちらの記事では、転職エージェント4社の特徴を比較して分かりやすくまとめています。転職エージェント登録の参考にしてみてください。

中小企業の年収等は公開されていない。ネット上のデータも信ぴょう性に欠ける!

⇒転職サイトを見たり、転職エージェントに登録して確認することが重要!

まとめ:新潟県の平均年収相場を知り、転職先選びに活かす!

厚生労働省の調査データを基に新潟県の企業別平均年収と、有価証券報告書に記載されている上場企業の平均年収をお伝えしてきました。

また中堅、中小企業の年収を知るためには転職サイト、転職エージェントを頼ることが正確かつ最短ルートであることをお伝えしました。

いずれの場合でも、平均年収は平均値に過ぎないので、同じ会社の中でも高い人も低い人もいることでしょう。

皆さんの年齢や、これまでの経験、実績などにより初期提示される金額も変わるはずです。

ただ、これら公表されているデータを基に「新潟県の平均年収相場」を把握しておくことはかなり重要です。

相場が分からないと、提示される金額が高いのか低いのか判断ができません。

特に公表データが何もない中小企業に就職しようとするとき、提示された金額がこれら平均と照らし合わせて大きくかけ離れていないかチェックする際に役立ちます。

年収350万円を提示され、数字だけ見れば安いと思うかもしれません。しかし新潟県で上場していない従業員数100人未満の会社であれば妥当な額と言えるでしょう。

このように判断軸を持つことで転職先を選ぶ際に役立ちます。

転職準備から転職活動の進め方完全解説
【総括版】転職準備から具体的な転職活動の進め方をステップごとに解説中小企業に勤める筆者自身の経験に基づき転職活動前に行っておくべきことから、具体的な転職活動の進め方についてまとめた記事です。ハイキャリアではない平均的会社員に読んでいただきたい記事です。...

こちらの記事では、具体的な転職活動に取り組む前にするべきことから、転職できる状態になっておく必要性、具体的な活動の進め方などをまとめたものです。

少しでも転職に興味がある方は是非お読みください。

たけとも
たけとも
それでは今回はこの辺で終わります。最後までお読みいただきありがとうございました。
ABOUT ME
たけとも
たけとも
はじめまして!たけともです!当ブログへお越しいただきありがとうございます!地方中小企業在籍の30歳独身リーマンの僕が、「転職」「副業」「投資」を通して少しでも収入増を目指す内容を発信しています。同じような立場の人に少しでも役に立つことを心掛け、自分の実践したことをベースに、またどこよりも分かりやすい伝え方を心掛けています。質問等はお気軽に♪
こちらの記事もオススメ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です